失業保険をきちんと知ってますか?

失業保険とは?

雇用保険とは何かというと社会保険の一つで、働いている人の生活と安定の為に作られた色々な保険制度の事です。
中でも特に知られているのは失業手当です。
失業手当とは例えば会社で働いている社員や従業員が失業してしまった場合、新しい就職先が見つかるまで一定期間もらう事が出来る一時給付金の事です。
この制度がある事で万が一仕事を失ってしまっても、しばらくの間はお金の心配をせずに新しい仕事を見つける事に集中出来ます。

失業保険は生活と安定のための社会保険のひとつ


また雇用保険には育児休業給付金という制度もあります。
これは会社で働く社員や従業員が1歳未満の赤ちゃんを育てている時に、育児休業を会社に申し出る事で給付金が支給されるという制度です。
さらに介護休業給付金というものもあります。
これは社員や従業員が身内の介護をする為に休業を申し出た時に給付金が支給される制度の事です。
ただ育児休業給付金と介護休業給付金は会社に一定以上出勤していたり賃金がある場合は対象外になる事がありますので注意が必要です。
他にも教育訓練給付金というものもあります。
これは厚生労働省が定めた教育訓練を社員や従業員が受ける時に、そのかかった費用の一部が支払われるという制度です。
主に調理師や栄養士等の専門職の資格を取るといった時に適用されます。

あと高年齢雇用継続基本給付金という制度もあります。
これは定年後以降も働き続けた時に、以前にもらっていた賃金の75パーセント未満になってしまった時に一定額支払われます。
ただこの給付金が支給されるには60歳以上65歳未満の人で、なおかつ雇用保険に5年以上加入していないともらえません。
これらはどれも非雇用主である社員や従業員向けの制度ですが、その一方で事業主用の給付金制度もあります。
例えば雇っている社員や従業員のキャリアアップを応援したり、高齢者や身体障がい者を雇った場合に一定の助成金を受けられるといった制度もあります。 では雇用保険の加入条件はどうなっているのかというと、社員や従業員の雇用形態によってそれぞれ違います。
まず正社員であれば原則として雇用保険に入る事が義務付けられています。
つまり正社員として雇う場合は事業者は必ず加入しなければなりません。
派遣社員が加入するには一週間の合計労働時間が20時間以上であるというのと、31日以上連続して雇用されるといった条件が必要です。
さらにアルバイトやパートの人もあまり知られていませんが、派遣社員と同じ条件を満たせば入る事が出来ます。

↑ PAGE TOP